SSブログ

映画「オーロラ」観て来ました。 [観たのだ。]

今日、試写会に行って来ました。
映画の名は「オーロラ~Aurore~」。

フランス映画です。
そして、パリ・オペラ座全面協力の、バレエ映画なんです。

      <STORY>
     踊ることを禁じられた国に生まれた、
     類稀な踊りの才能を持つオーロラ姫は、
     傾国を救うため異国の王子との婚約を迫られる。
     美しいオーロラに求婚するため、自国の舞踏団を率い、
     舞踏会に臨む隣国の王子たち。
     しかし、彼女が愛したのは見合いのための肖像画を描いた
     名も財も無い絵描きだった。
     やがて家臣の企みにかかり、国王の逆鱗に触れた絵描きは、
     オーロラの目の前で処刑されることに・・・。



もう、凄い!の一言。

監督は、2001年、パリ・オペラ座を取材したドキュメンタリー映画 『エトワール』で、
劇場用長編映画の監督デビューを果たしたニルス・タヴェルニエ。

エトワール デラックス版

エトワール デラックス版

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日: 2002/12/21
  • メディア: DVD



さて、今日観た映画「オーロラ」なんですが、
パリ・オペラ座のエトワールが、

    画家役のニコラ・ル・リッシュ
    1人目の王子、アブダラ役に、カデル・ベラルビ
    踊り子の1人として、マリ=アニエス・ジロ

と、なんと3人も出演してるんですが、
その他にも、トップ・ダンサーたちが、32人も!出ているんです!


その中でも注目は、
主役のオーロラに抜擢された、
オペラ座バレエ学校期待の新星、16歳のマルゴ・シャトリエ。

彼女の幼さの残る踊りと、透明感が、とてもいいんです。

お話の中盤でオーロラがお見合いを強制され、
舞踏会で出会うのは、
  カデル・ベラルビが演じるアブダラ王子、
  ヤン・ブリダール演じるヌフシャテルの王子、
  そして、竹井豊が演じるジパンゴ王国の王子。

それぞれが自国の踊りを披露するのですが、
これが、また独特。
かなり見ごたえあります。

ちなみにジパンゴ王国の踊りは・・・・かなり貞子っぽい・・・で・・す。


えーさてさて、
踊りはもちろんめちゃくちゃいいんですが、
それを引き立たせる色彩と、音楽が、とっても良くって、
映像美って感じで、かなり幻想的なのです!

キャンドルや月明かりの自然な光の下で踊ると、
オーロラが、もの凄く映えるんですよ。


とりあえずは、
ストーリーは二の次としても、
バレエ好きは、観て楽しめる作品ですよ。

 

12月16日より、Bunkamuraル・シネマと、シャンテシネ他で公開。

映画「オーロラ」公式サイト
  ※音が出ますのでご注意ください。


nice!(5)  コメント(13)  トラックバック(9) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 13

面白そう!きれいなんでしょうねえ。しかも貞子っぽいジパンゴ王国王子の踊り。。。なんだかすごそうなところですね。ジパンゴ王国。
by (2006-11-18 19:09) 

no_nickname

眠りの森の美女はバレエの舞台で結構見てます。
でも内容全然違うんですねぇ。
魔女とか出てこないんですね。で、絵描きが出てくる。
バレエ映画って貴重ですよね。あんまり数が無い気がします。
ロバート・アルトマンも撮ってましたっけ?
by no_nickname (2006-11-18 20:51) 

no_nickname

ああそうか。
タイトルが「オーロラ」なだけで眠りのオーロラ姫とは関係ないんですね(笑)
早とちりしました。
by no_nickname (2006-11-18 20:52) 

あーちん

 >素風さん nice!ありがとうございます。
 ジパンゴ王国、かなり恐ろしい踊りでした[がーん]
 映画全般はすご~く綺麗なんですよ。
by あーちん (2006-11-18 21:08) 

あーちん

 >sanisiさん nice!ありがとうございます。
 そう、私も最初は眠り姫かと思ってたんですが、全く違うお話しでした。
 ロバート・アルトマンのは観た事ないです。
 これは、オーロラのクラシックと、王子たちの現代的な振り付け、
 そしてカメラワークが独特の対比をなしていて、面白かったですよ。
 機会があれば是非!
by あーちん (2006-11-18 21:16) 

タイトルだけ見て空のオーロラの話だと思いながら記事の内容読ませてもらったら違ったんでビックリ(苦笑)
オペラ座全面協力・・・ものすごい気になります[くんっ]
by (2006-11-19 19:35) 

あーちん

 >向日葵さん nice!ありがとです。
 すみません、オーロラ違いでしたね[たらー]
 バレエ、すごく綺麗だし、迫力ありましたよ!
by あーちん (2006-11-21 01:58) 

あら?ふぉー

最後の「・・・」の先が
ちょ~気になるんですけどぉ~
どーなっちゃうんだろ?
by あら?ふぉー (2006-11-22 02:49) 

あーちん

 >ささやんさん nice!さんきゅーです。
 「・・・」の先は、ちょっと想像できない展開でした。
 え?そこでソレ?・・・みたいな。ま、フランス映画ですから。
by あーちん (2006-11-23 21:55) 

16歳のプリマ、幼くとも透明感のある踊り、見てみたいです。オペラ座全面協力とは!いいですねえ。
バレエとかダンスって総合芸術だし、その場で見るのと映像で見るのでは違うと思うのですが…、でも映画としてのバレエっていうのも表現の一つですよね。
是非見てみたい作品です。でも体力が…。しくしく。
by (2006-11-26 11:32) 

あーちん

 >灰色猫のミミさん nice!ありがとうです。
 単館上映って、観にいくの大変なんですよね[たらー]
 DVDが出たら是非、観てください!綺麗ですよ~。
by あーちん (2006-11-26 23:35) 

kimion20002000

TBありがとう。
ミュージカルと違って、歌はほとんどなかったですね。
音楽もよかったですが、無音の中で、嬉しそうに踊るオーロラ姫がよかったですね。
自分には、ちゃんと、音楽が聴こえているんですね。
by kimion20002000 (2007-01-06 03:06) 

あーちん

 >kimion20002000様
 こちらこそ、TBありがとうございます。
 確かに、静かに踊るオーロラは、とてもキレイでした。
 月明かりやキャンドルの光とよく合って、吸い込まれそうでした!
by あーちん (2007-01-22 12:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 9

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます